Tag: 髪型

どうする?看護師の髪型。

ナースキャップは、女性看護師の象徴でしたね。
新人さんも、ねんきのはいった初老の看護師さんも、白いタイツにナースキャップ。完璧ないでたちでした。どうして今ナースキャップがないか?看護師の彼女に「僕、しってるよ」と、仕事に歩み寄ればポイント高くなりますよ。他にも、彼女のことを知りたかったら、こちら
>>>http://xn--qa-zb4a293pt6e15bfw8e8e8a.com

一昔前は看護師の方はナースキャップを被っていましたが、時代の流れとともにナースキャップは姿を消しました。一見、髪型は自由になったなように思いますが、意外と制約は多くあります。まず、第一に髪の毛には最もホコリや汚れが付いているため、垂れ下がって患者や器具に当たることは良くありません。精密機器や手術室に入るには、専用の帽子と作業着を着用しなければなりませんので、髪型を気にしている場合ではありません。あれこれ考えているうちに、結局ナースキャップを被っているのと同じ髪型が、最も機能的だとなるわけです。
患者からの見た目にもやはり、医療機関ということもあり、派手なものは好まれません。髪型は個人の自由とはいえ、やはり、社会人、職業人としてのTPOはわきまえておかなければなりません。何事においても、そのものになりきるのがその道のプロです。茶髪ロン毛の営業マンからものを買う人はいません。ドラマの中だけのお伽話です。
ではなぜナースキャップは無くなってしまったのでしょうか。ナースキャップがあると、自然と髪は落ちないように保護されますし、遠くから見ても看護師がいることが一目でわかり、良い目印となります。理由は、髪の毛を覆うナースキャップのほうが、髪の毛よりも圧倒的に不衛生だったためです。看護服などは毎日洗濯して清潔なものを用意しますが、ナースキャップは毎日洗うことはしません。しかもパリっと糊付けされているために、ホコリ等が付着しやすく、最近の良い媒体となってしまっていたのです。